カジノシークレットの悪い評判は本当か

カジノシークレットは、イギリス連邦加盟国のマルタ共和国で運営れているオンラインカジノです。
イギリス連邦は、かつてイギリス領植民地から独立した52の国で構成されています。
それぞれが、独立した国家となっています。
マルタ共和国と言えば、犬のマルチーズ発祥の地としてよく知られています。

カジノシークレットは、このマルタ共和国で2018年に開設されました。
もちろんライセンスは、取得が難しいと言われている「Malta Gaming Authority」を取得しています。
運営するのは、マルタ共和国の「CS LITTO LIMITED」という企業です。

どのオンラインカジノでもよい評判と悪い評判があります。
それは、カジノシークレットも同様です。
悪い評判を見ていくとどれも似たようなものがあげられていますが、その実態は明らかになっていません。

そこで、カジノシークレットの悪い評判を検証していくことにします。

賭け条件が厳しい

賭け条件が厳しい
オンラインカジノは、マネーロンダリングに利用されることへの予防策として「賭け条件」というものが存在します。

この「賭け条件」とは、入金した資金を出金するために必要とされる賭け総額のことを指す言葉です。
多くのオンラインカジノが入金額と同額の賭けを賭け条件として設定しています。
ただし、ボーナスを利用した場合は異なる条件が課せられます。

その賭け条件の主流は「入金額の1倍」です。
例えば、100ドルを入金した場合、最低でもカジノゲームで総額100ドルを賭ける必要があるということです。
カジノシークレットは、この賭け条件が厳しいとの意見が散見されます。

そこで、改めてカジノシークレットの利用規約を確認してみると「全額ベットや極めてリスクが低い形のベットを除いた形で入金額の数倍以上のベットを行うこと」と記してあります。
合わせて(入金額の最低5倍ベットするようユーザーにリクエストする権利を有する)と表記されています。

つまり、カジノシークレットの賭け条件は入金額の5倍なのです。
確かに数字だけを見れば、入金額の5倍の賭け条件は厳しいように感じます。
しかし、その実状はどうなのかという視点も必要になります。

例えば、500ドルを入金した場合に出金するためにクリアする必要のある賭け総額は500ドルの5倍の2,500ドルとなります。
バカラで1ゲーム100ドルを賭け、500ドルの利益が得られるまで勝負をすると仮定しましょう。
バカラは勝率が約5割ですから、勝ち数が負け数を6回上回れば500ドル以上の利益が確定します。
2,500ドルの賭け条件をクリアするために必要なベット回数は25回です。
つまりは、16勝9敗との結果となれば、目標達成となります。

このように考えると入金額の5倍の出金条件は厳しいとまでは言えないということもできます。

出金に時間がかかる

出金に時間がかかる
カジノシークレットは、出金に時間がかかると言う悪い評判も目にします。
カジノシークレットでは出金申請に対して24時間以内に対応するとしています。
出金に時間がかかると評判はこの24時間を超えているのかと確認をしてみると、多くの場合が24時間以内に処理されていることが確認できます。

確かに出金の申請に迅速に対応してほしいという気持ちは十分に理解できますが、24時間以内に処理されているのであれば「出金に時間がかかる」と表現するのは行き過ぎと言えます。

また、本人確認書類の不備や再提出などの必要性があり、出金に時間を要した事例も確認できました。
また、実際に申請をしてから出金にいたるまでの時間を検証した事例では、多くの場合は8時間~14時間以内に出金が完了していることも確認できます。

このことからもカジノシークレットは出金に時間がかかると言う評判は、勝利金を早く手にしたいと言うプレイヤーの気持ちの焦りから生まれたものと言えそうです。

オンラインカジノには、出金申請に対して瞬時に対応するオンラインカジノも存在します。
いち早く勝利金を手にしたいのであれば、そういうオンラインカジノを選択して利用をすればいいのです。
24時間以内の出金対応は、いわばスタンダードです。
合わせて24時間以内と表記し、多くの場合がその約半分の時間以内に出金されている実情から、カジノシークレットの出金が遅いとは言えないのです。

サイトの可動性が良くない

サイトの可動性が良くない
この評判もよく目にします。
しかし、残念なことにこの可動性はユーザーである私たちが利用するスマートフォンやタブレット、PCといったデバイスにも要因がある可能性が残るのも事実です。
もちろん、スマートフォンやタブレットとの相性というものもあって簡単に評価できる項目ではないと言えます。

実際にライブカジノなどで遊べば確認できることですが、可動性が悪く制限時間内にベットができないなどのようなことにはなりません。

よって、この評判も必ずしも当てはまるとは言えないのです。

カジノシークレットの悪い評判のまとめ

カジノシークレットはキャッシュバック方式を採用しているオンラインカジノです。
このことが意味する一つの側面があります。
それは、カジノシークレットはハイローラーの方に主要ユーザーを求めたオンラインカジノであるという側面です。

それ故に、5倍の賭け条件を課し、マネーロンダリングの予防に対処しているのです。
確かに小額の資金で遊ぶプレイヤーには5倍の賭け条件は厳しい現実があります。
しかし、ハイローラーとなれば5倍の賭け条件はあっという間に消化してしまう条件ともいえるのです。
このことから、カジノシークレットの悪い評判は、ユーザーの置かれている状況によって、左右される側面が多い現実があると言えることになります。
出金対応、可動性を含めカジノシークレット側にはさらなるサービス向上の尽力を期待しますが、悪い評判として目にする情報は必ずしも事実ではないことも知っておく必要があると言えます。

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。