お得で便利な決済手段

オンラインカジノのアイウォレットとは?

オンラインカジノのアイウォレットは、エコペイズの次に使われている電子決済サービスです。
電子決済サービスは入出金のどちらも行うことができて、オンライン上に口座を作ることで、すべての資金の流れを一括で管理することができる優れたサービスです。
オンラインカジノで複数のサイトに登録をしていても、いろんな通貨を管理できるのでとてもメリットは大きいです。

アイウォレットは、安全で信頼できるサービスとして、日本語対応カジノの多くに採用されています。
たとえば、ベラジョンカジノ、ジパングカジノなどで導入されており、2013年に新しく設立された電子決済サービスでありながら、使っているユーザーは増えつつあります。

アイウォレットの資金の流れ

アイウォレットを使う場合の資金の流れですが、インターネットから口座開設をして入金を行うと、アイウォレットの口座に即時反映されます。
そして、カジノ側でチップをこちらのアイウォレット口座から購入することができます。

出金の際も、オンラインカジノ側から申請をすることで、アイウォレット口座から残高を出金することができます。
世界の主要6つの通貨に対応していますので、換金も自動的に行われます。

アイウォレットの注意点とは

アイウォレットの出金についてですが、以前まではアイウォレットカードというカードが使え、ATMから引き出すことができました。
しかしながら、こちらが利用停止となってしまうということで、カード残高を使い切ることがおすすめされています。

カードの発行会社はVISAやマスターカードなのですが、オンラインカジノを含めたギャンブルでの利用の規制が強化され、このような利用停止に繋がったそうです。
しかし、今後早急に新しいプリペイドカードの準備を進めていくということですので、新たなサービスが注目されています。

現在入金はクレジットカード、銀行送金という形で入金ができますが、出金は国際銀行送金、もしくはヴィーナスポイントでの出金をすることが必要になります。

アイウォレットの口座の開設は簡単

アイウォレットの口座の開設はとても簡単です。
アイウォレットは本人確認書類が必要なく、メールアドレスのみで口座の開設が可能です。
この場合、限度額が決まっているのですが、後程エグゼクティブ会員になることもできて、最初から身分証の提出は必要がありません。
したがって、口座開設が大変簡単なのもメリットとなっています。

オンラインカジノへの入金にも使えるビットコイン

オンラインカジノの入金といえば、仮想通貨のビットコインが利用できることはご存じでしょうか。

ビットコインは仮想通貨の一つです。
ビットフライヤーなど、仮想通貨には種類がありますが、ビットコインは、オンラインカジノの入金にも対応をしているところが増えており、持っている方はぜひ利用をしたいところです。

ビットコインは、オンラインカジノで非常に使いやすいという特徴があり、慣れればとてもメリットがたくさんあります。
現金が足りないときや、どこかで仮想通貨を使いたいという場合には、オンラインカジノがおすすめです。

ビットコインを利用するメリットとは

オンラインカジノの入金でビットコインを利用する場合、仮想通貨取扱所では規制が一切無く、また手数料も格安で対応が可能となっています。
日本語対応をしており、安心のサポート体制が整っているということもあり、初めての方でも安全に入金することが出来ます。
セキュリティに関しても万全ですので、入金手段としては夢のような方法となっています。

ビットコインは匿名性があり、バレにくい

オンラインカジノでの入金をビットコインで行う場合、匿名性がありバレにくいというメリットがあります。

オンラインカジノの入金をした場合、たとえば銀行からの送金やクレジットカードの場合、お問い合わせをされてしまうことがあります。
しかし、ビットコインなら匿名性が高いので、このように問い合わせを受けるということはまずありませんし、簡単にオンラインカジノへの入出金が外にバレてしまうという事はありません。

また、口座とも関連付けられていませんので、銀行口座やクレジットカード情報がオンラインカジノ側にバレてしまうことがなく、個人情報の流出のリスクを避けたいという場合にも、向いています。

デメリットは、価格の変動

オンラインカジノのビットコインでの入金はメリットがたくさんありますが、大きなデメリットとしては価格の変動が激しいという点です。
オンラインカジノでせっかく勝利したとしても、ビットコインが暴落してしまえば損をしてしまい、なんのために勝ったのか分からないということになってしまうこともあります。

しかし、反対に価値が高騰することもありますし、そうなれば莫大に儲ける事が出来る可能性もありますので、価格変動によるデメリットもあればメリットもあると考えておくと良いでしょう。

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。